ステイホームで考える子供部屋の在り方

こんにちは!スタッフのちかです。

 

ステイホームで家族と家にいると、お互いの距離感がどれくらいだと

 

快適に感じるのか・・・考えるようになります。

 

(我が家は狭いのもありますが・・・)

 

****

 

 

今回のコロナでステイホームしつつ、

 

ミーティングや打ち合わせにZoomを使い始めた方も多いのではないでしょうか?

 

オンライン飲み会というのもありますよね♪

 

****

 

 

我が家の場合、子供たちも塾はZoomでオンライン授業が始まり、

 

英語教室もZoomで質問会やイベントが開催されているため、

 

度々個別でZoomを使用します。

 

 

 

 

コロナの前までは、子供たちはダイニングテーブルで宿題や勉強をしていました。

 

(それぞれの部屋に勉強机はあるのですが・・・)

 

しかしZoom を使うとなると、

 

 

例えば、息子がZoomのときに、娘はテレビが見たかったりします。

 

週末、娘がZoomのときに、主人が趣味のミシンを使うのでミシンの音がうるさかったりします。

 

 

気が散るからという理由だけでなく、

 

Zoomを使ったことがある方はおわかりだと思いますが、

 

自分が話すときに「ミュート機能」を外すと、

 

周りの雑音がかなり相手に聞こえてしまいますよね。

 

 

ですから、タブレットやノートパソコンを持って、うるさくない部屋に移動してやっています。

 

一人がZoomを使うために、家族が静かにして気を遣うのも窮屈です。

 

 

お互いが家でやりたいことをやれるために、距離感を考えるようになりました。

 

我が家の場合、コロナをきっかけに子供部屋がやっと機能しはじめた、と言えるかもしれません。

 

 

*****

 

 

新築をお考えになる時、子供部屋をどのように設計したらよいか、悩ましいですね。

 

将来お子さんは何人ぐらいほしいな・・というご希望はあっても、

 

必ずしもその通りになるとは限りません。

 

 

 

弊社としましては、子供部屋は柔軟にお考えになることをおすすめしております(^^)

 

 

 

 

例えば、10畳ぐらいのお部屋をまず作っておいて、

 

お子様が増えたときに、もしくは成長されて個別のお部屋が必要になったときに、

 

壁とドアをあとから設置して壁のクロスを貼る工事をすれば、

 

お部屋を二つに分けることができます♪

 

 

 

または、2階の吹き抜け部分にあとから床をつける工事もできるんです♪

 

そうすれば、2階にお部屋が追加できます。

 

(そのために、あらかじめ吹き抜け部分にも窓を作っておくとよいです!)

 

 

JUGEMテーマ:住宅

 

必要なときがくるまでは・・・

 

家族で過ごす部屋を広く。ユーティリティーや家事をするスペースを広く使う方が

 

快適な暮らしが送れるのではないでしょうか(^^)

 

もちろん、お客様とのヒアリングを大切にしておりますので、

 

これが絶対正解!というものはないですよね(^^)

 

 

 

 

 

#新築 #家づくり計画 #マイホーム #高性能住宅 #デザイン住宅 #暮らしを楽しむ #家族 #子育て #ステイホーム #子供部屋 #機能性

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode